シャンプーがいいのは?

Q、最近白髪が目立ってきて困っています。シャンプーが白髪の原因になると聞いたのですが、本当にそんな事があるのでしょうか??白髪の原因ってどんなものがあるのですか?

A、結論から言えば、シャンプーが白髪の原因になる事はありえます。
白髪の原因を大きく分けると6つに分けられます。

◯加齢によるもの
◯遺伝によるもの
◯ストレス、ホルモンバランスの乱れ
◯栄養が不足している
◯生活習慣によるもの
◯シャンプーなどのヘアケア製品によるもの

です。

加齢による白髪は過酸化水素の蓄積、そして成長ホルモンの分泌量が減少する為に起こります。
白金ナノコロイドやビタミンCなどを摂取したりする事で加齢による白髪対策をする事も出来るんです。
30代が白髪発生の平均年齢とされているのですが、加齢による白髪は個人差がかなり大きいものなんですよ。

そして白髪は遺伝するので、若白髪や子どもの白髪などは遺伝性の場合が高いんです。

さらに強いストレスがかかる事で活性酸素がメラノサイトの活動を抑制してしまい、白髪が増えてしまう事があります。

妊娠や出産などでホルモンバランスが乱れる事も白髪の原因に。この時期は白髪の防止に必要な栄養素が胎児に多く使われてしまう事、妊娠、出産などの環境の変化がストレスとなり、結果白髪に繋がってしまうなど、いろいろ原因があります。

喫煙は過酸化水素を分解してくれるビタミンCを破壊してしまうので白髪の原因となります。
強い紫外線を受ける事も色素幹細胞を破壊するので白髪が増える可能性が高まり、睡眠不足で髪の毛の成長が促されない状態が続くことも白髪の原因となります。

そしてシャンプーやコンディショナー、ヘアスプレーなどに白髪の原因となる過酸化水素が含まれている場合があり、それによって白髪を引き起こしてしまう事があります。

このように、白髪の原因は遺伝や加齢などだけでなく外的要因や生活習慣なども大きく関わっているんですよね。

特にシャンプーは毎日直接髪に接するものなので、選び方には注意が必要なんです。

アスロング

 

シャンプーは何がいい?

Q、最近抜け毛が目立ってきたのでシャンプーを抜け毛対策用に変えたのですが、それだけでは安心出来ません。抜け毛を防ぐようなシャンプーのやり方があれば教えてください!

A、気になったときにすぐ抜け毛対策用のシャンプーに切り替えたのはすごくいい事だと思います。
抜け毛を防ぐシャンプーのやり方なのですが、シャンプーの基本として「髪ではなく頭皮を洗う」ということがあります。

髪の毛を洗うのは二の次と考えてもらってもいいほど、シャンプーではしっかりと頭皮を洗うようにしてください。

頭皮は髪の毛の土台となる部分なので、土台がきちんと健康な状態を保てていないとそこから生える髪の毛は細く、弱いものになってしまいます。

シャンプーでしっかり頭皮を洗った後はすすぎですが、このすすぎも抜け毛予防の大きなポイントとなります。

すすぎがキチンと出来ていないとシャンプーが頭皮に残った状態になってしまい炎症を起こしたり頭皮トラブルを起こしてしまいます。

シャンプーには化学成分が多く含まれていることが多いので、シャンプー残りがあると頭皮に大きな負担をかけてしまう事をお忘れなく!

その点抜け毛対策用のシャンプーなどは天然成分が多く含まれているので、市販の化学成分まみれのシャンプーよりは頭皮に優しいと考えてもらって大丈夫です。

シャンプーを1分間すると、その後1分間はすすぐ。これを覚えておけばシャンプー残りの確率をかなり減らすことが出来ます。

洗い方のコツとしては、髪が生えている流れに逆らって、上に上に向かって洗う事でしっかり頭皮の汚れや無駄な皮脂をとる事が出来ます。

抜け毛が気になるのであれば、シャンプー後に育毛剤などを使うのもオススメ。

実は育毛剤などは髪の毛が無くなり始めてから使うものではなく、髪の毛が元気な状態の時から元気な髪を育てる気持ちで使うのがベストな方法。

髪の毛にコシが出たりトップがふっくらしたり…とメリットが多いので、使ってみて損はないと思います。

haruシャンプー